新潟の”春かぶ”は春を告げる食材!日本海からのミネラルがたっぷり:青空レストラン

当ページのリンクには広告が含まれています。
スポンサーリンク

ご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、『新潟の”春かぶ”は春を告げる食材!日本海からのミネラルがたっぷり:青空レストラン』について考察していきます。

この記事では

  • 新潟の”春かぶ”の特徴
  • ”春かぶ”の調理レシピ
  • ”春かぶ”の直売所での購入方法
  • ”春かぶ”の通販での購入方法

についてご紹介します。

新潟県新潟市の「春かぶ」は、桜が咲くころにスーパーに並ぶ食材。

地元では、春を告げる食材として愛されています。

それでは、ご一緒に『新潟の”春かぶ”は春を告げる食材!日本海からのミネラルがたっぷり:青空レストラン』について見ていきましょう!

ぜひ、最後までご覧ください。

スポンサーリンク
目次

新潟の”春かぶ”は春を告げる食材

春かぶ

新潟の”春かぶ”の特徴

新潟の”春かぶ”は、甘く水分を多く含んでいるのが特徴です。

”春かぶ”が栽培できる地域には、新潟砂丘があります。

新潟砂丘は、日本最大級の砂丘の一つです。

「信濃川」が運んできた大量の土砂で栽培された”春かぶ”。

砂丘のやわらかい土で栽培するため、カブにストレスを与えず、大きく育ちます。

また、日本海からの潮風で、多くのミネラルと水分を含んでいます。

そのため、新潟の”春かぶ”は、甘くてみずみずしく栽培することができます。

旬の時期は、4月~6月。

”春かぶ”を使ったレシピ

春かぶのクラムチャウダー

★材料と分量(4~5人分)

材料分量
春かぶ2個
700cc位
市販のクラムチャウダー2袋
仕上がりに パセリ(あれば)お好みで

★作り方

  • かぶ→皮むく→頭に切る
  • 縦に1/2→それを→1/4にする
  • 鍋に水→かぶ→中火→火がとおり→クラムチャウダー入れて→火を止める。
  • 完成

春かぶは生でも食べられるので、固さはお好みで

春かぶの塩こんレモンマリネ

★材料と分量(2人分)

材料分量
かぶ(大)1個(150g)
少々
国産レモン1/2個
青じそ5枚
たれ(a)
ミツカン かんたん酢大さじ3
レモン汁小さじ1
塩昆布5g

★作り方

  • かぶは皮をむき、薄いいちょう切りにして、塩を揉み込み10分ほど置く。
  • レモンは薄いいちょう切りにして種を取っておく。
  • ボウルに水気を絞ったかぶ・レモン・ちぎった青じそ・たれ(a)を加えて和える。

◎かぶ⇒大根
◎かぶが小さい場合は、半月切りにしてもOK
◎国産レモンがない場合は、レモン汁を小さじ2にしてください

この他にも、

  • 春かぶモッツァレラ
  • 春かぶの酒蒸し
  • 鯛の春かぶソース
  • クリームシチュー

などもおすすめです。

スポンサーリンク

新潟の”春かぶ”を購入する方法

直売所

名称JA新潟かがやき ファーマーズ・マーケット いっぺこ~と
住所新潟市西区亀貝3066
お問い合わせ025-211-1831
営業時間9:30 – 18:00
定休日水曜、12/31~1/4
公式サイトhttps://shinren.jabank-niigata.or.jp/sole/chokubai/vol51/
地図

通信販売

名称やまもと農園
品名やまもと農園の春かぶ
URLhttps://owl-food.com/products/42683

新潟の”春かぶ”は春を告げる食材のまとめ

新潟では、春以外にもカブの収穫は行われています。

しかし、”春かぶ”は、甘みもやわらかさも食感も段違いです。

直売所や通販でも購入可能です。

”春かぶ”の美味しさを体感してみてはいかがでしょう?

今回は、『新潟の”春かぶ”は春を告げる食材!日本海からのミネラルがたっぷり:青空レストラン』について考察しました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次