外国人が嫌いな食事(食材)は?意外にも高級なあの食べ物も苦手!

当ページのリンクには広告が含まれています。
スポンサーリンク

いつもご覧いただき、誠にありがとうございます。

今回は、「外国人が嫌いな食事(食材)は?意外にも高級なあの食べ物も苦手!」というテーマでお話をさせていただきます。

我々の住むこの地球は、多様な文化と食文化が混ざり合う、まさに美食の宝庫です。

異なる地域で育った食材、それぞれの料理法、そしてそれを愛する人々。

しかし、それらすべてが全ての人にとって美味しく感じられるわけではありません。

例えば、私たち日本人が大好きなある食材が、海外の方々には苦手だとしたらどうでしょうか。

この記事では、一見普通の食事や食材でも、文化や習慣の違いから苦手と感じる外国人もいる、という事実を取り上げます。

もちろん、全ての外国人が同じ食べ物を嫌うわけではないことを前提にお話しします。

それぞれ個々の好みがあるからこそ、このテーマはより興味深いものとなります。

それでは、一緒に「外国人が嫌いな食事(食材)は?意外にも高級なあの食べ物も苦手!」というテーマについて考えてみましょう

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク
目次

外国人が嫌いな食事(食材)

日本は食文化が豊かで、繊細な味わいや美しい盛り付けが特徴です。

しかし、そんな日本食も、外国人にとって苦手な食材も存在します。

ここでは、代表的な苦手食材とその理由について、いくつか詳しくご紹介します。

外国人が苦手とする代表的な日本食
  • 納豆
  • 生魚
  • 内臓系
  • 漬物
  • 松茸

納豆

苦手な理由
  • 納豆菌による独特のネバネバした食感と強い匂い
  • 発酵食品特有の風味
  • 見た目
  • 食べる文化がない地域が多い

納豆は日本独特の食材であり、その独特な風味と食感、そして発酵食品としての特性が、海外の人々にとっては苦手なものと受け取られることがあります。

まず最初に、納豆の最大の特徴である「発酵」が、一部の外国人にとっては難しいポイントです。

発酵食品は世界中に存在しますが、納豆のように粘り気が強く、独特な香りを放つものは稀です。

生魚

苦手な理由
  • 生臭さ
  • 食中毒への不安
  • 魚介類を食べる文化がない地域が多い
  • 調理方法がわからない

日本の食文化といえば、「寿司」や「刺身」など、生魚を使った料理がすぐに思い浮かびます。

多くの国や地域では、肉や魚を生で食べるという習慣がほとんどなく、食材は必ず加熱調理されます。

そのため、生魚を食べるという概念自体が理解できず、また受け入れがたいと感じる方もいらっしゃるかと思います。

また、生魚特有の風味や食感に対する抵抗感も、苦手と感じる理由となり得ます。

さらに、食材の安全性に対する懸念も大きな要因となります。

生で食べる食材は、新鮮さが求められますし、調理や保存方法にも細心の注意が必要です。

生魚には、アニサキスなどの寄生虫がいる可能性があるため、衛生面への不安から食べるのを躊躇してしまう人もいるようです。

内臓系

苦手な理由
  • 見た目
  • 独特な風味や食感
  • 処理方法がわからない
  • 衛生面への不安

日本食には、レバーやハツ、キンカンなど、内臓系の食材を使った料理が数多くあります。

内臓系は、独特な形状や色をしているため、見た目が苦手という人が多いようです。

内臓系は、弾力があったり、ネバネバしたり、柔らかいなど、独特な食感を持っている場合があり、苦手という人もいるようです。

内臓はそのままの状態で食べると、独特の風味やクセが強く感じられます。

また、内臓系特有の風味や食感に対する抵抗感も、苦手と感じる理由となり得ます。

欧米諸国などでは、内臓系を食用にする文化があまり発達していないため、内臓系を食べる習慣がない人が多いようです。

漬物

苦手な理由
  • 塩分や酸味が強い
  • 独特な風味
  • 食べる文化がない地域が多い

日本の食卓に欠かせない「漬物」です。

漬物特有の酸味や塩味、そしてそれらが生み出す独特な風味が、初めて経験する外国人にとっては、苦手となることがあります。

特に、酸味が強いものや、独特な発酵の香りがあるものは、好みを分ける要素となることが多いです。

また、漬物の色や見た目も、苦手と感じる要因となることがあります。

例えば、紅白なますや酢の物など、色鮮やかな漬物は美しいと感じる一方で、たくあんやぬか漬けなどの色彩が強いものは、慣れないと違和感を覚えることもあるでしょう。

梅干し

苦手な理由
  • 塩分や酸味が強い
  • グロテスクな見た目
  • 独特な食感

漬物と似ていますが、梅干しもまた特有の酸味と塩味が挙げられます。

梅干しの強い酸味と塩味は、慣れない人にとっては刺激的と感じるようです。

特に、欧米諸国では酸味や塩味の強い食品を日常的に食べる習慣があまりないため、抵抗を感じる人が多いようです。

梅干しの独特な食感も、苦手と感じる要因の一つです。

特に、シワシワした見た目は、見た目がグロテスクと感じる人もいるようです。

スポンサーリンク

意外な苦手食材

生卵

海外では、卵の品質管理が日本ほど厳しくないため、卵の殻にサルモネラ菌が付着している場合があります。

そのため、海外では卵は加熱して食べることがほとんどで、卵を生で食べることはありません

もんじゃ焼き

もんじゃ焼きは具材を混ぜた液状の生地を鉄板で焼くため、見た目が一般的な料理とは大きく異なります。

自分で焼くという食事のスタイルも、一部の国や地域ではなじみが薄いため、新しい経験として受け入れることが難しいかもしれません。

また、もんじゃの上にかけるかつお節が熱で動くため、虫と勘違いする外国人もいます。

松茸

松茸の香りが、一部の外国人からは、靴や靴下のにおい」と形容され、苦手要素となることが多いです。

また、松茸はそのままの状態で食べると、固くてシャキシャキとした食感があり、違和感を覚える方もいらっしゃるかと思います。

さらに、松茸は非常に高価な食材であり、その価格に対して十分な価値を感じられないと感じる方もいらっしゃるでしょう。

緑茶

独特な苦味や渋み、香り、そして飲む温度の違いを苦手とする人がいます。

緑茶特有の苦味や渋みは、初めて経験する方にとっては一種の文化的な障壁となることがあります。

また、緑茶の香りも好みを分ける要素となることが多いです。

こんにゃく

こんにゃく特有のゼラチン質の食感は、慣れないと違和感を覚えることがあります。

また、こんにゃく自体にはあまり味がなく、調理法によって味が決まる点も、食材としての価値を理解しにくいと感じる方もいらっしゃるでしょう。

さらに、その透明な見た目も、一般的な食材とは異なり、新鮮さの証とは異なる印象を受けることがあるかもしれません。

その他の食材

その他にも、

  • ごぼう:根っこを食べてる感じ
  • そば:麺がパサパサしている
  • 山葵、わさび:辛味としびれ
  • 海苔:磯の香り

などが苦手と言われています。

これらの苦手意識は、食文化や個人の好みによって大きく異なり、克服できる場合もあります。

外国人に日本食を楽しんでもらうためには、事前に苦手なもの聞いておく、少しずつ食べてもらう、食べ方や歴史を説明するなど、いくつかのポイントがあります。

ぜひこれらのポイントを参考に、外国人に日本食を楽しんでもらいましょう。

克服しやすい苦手食材

上記のような食材は、外国人の多くが苦手とする傾向があります。

しかし、中には克服しやすいものもあります。

例えば、生魚は最初は抵抗がある人も、何度か食べると好きになるという人が多いようです。

また、納豆はご飯に混ぜて食べたり、キムチと混ぜたりすることで、食べやすくなるようです。

外国人に日本食を楽しんでもらうためのポイント

外国人に日本食を楽しんでもらうためには、いくつかポイントがあります。

  • 事前に苦手なもの聞いておく
    事前に苦手なもの聞いておくことで、その食材を避けたり、食べやすいように調理したりすることができます。
  • 少しずつ食べてもらう
    最初からたくさんの量を出すのではなく、少しずつ食べてもらうことで、抵抗感を減らすことができます。
  • 食べ方や歴史を説明する
    食べ方や歴史を説明することで、食材への理解を深めることができます。
  • 無理強いしない
    どうしても食べられない場合は、無理強いしないことが大切です。

まとめ

以上、日本独特の食文化や食材が、一部の外国人の方々にとっては苦手なものとなる理由についてご紹介しました。

驚くべきことに、我々日本人が日常的に楽しんでいる食材や、さらには高級とされる食材でさえも、彼らにとっては新鮮で、時には抵抗感を覚えるものとなるのです。

しかし、これはあくまで一部の人々の感じ方であり、また文化的な違いから来るものです。

食事はその国や地域の文化、習慣、歴史を映し出す鏡であり、それぞれが異なるのは当然のこと。

互いの食文化を理解し、尊重することで、より深い交流が生まれることでしょう。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次