完璧と思われる芦田愛菜の意外な弱点一覧

当ページのリンクには広告が含まれています。
スポンサーリンク

いつもご覧いただき、ありがとうございます。

今回は、『完璧と思われる芦田愛菜の意外な弱点一覧』について考察していきます。

芦田愛菜さん、そのキュートな笑顔や演技力で多くの人の心を掴んでいますが、彼女にも驚くべき一面があります。

中学に進学した彼女は、学業への真剣な姿勢からか、連続ドラマの出演を自粛し、単発のドラマや映画、CMなどで芸能活動を続けていました。

しかし、その中で彼女が抱える意外な弱点が見え隠れしています。

彼女は完璧主義者であり、自身に対して非常に厳しい要求を課しています。

学業と芸能活動の両立を試みる中で、時折プレッシャーや不安に苛まれていたことでしょう。

その姿勢が彼女の弱点となりつつも、その一生懸命さが彼女の魅力のひとつとなっています。

近頃、再びメディアへの露出が増えていますが、その中には彼女が乗り越えてきた様々な困難が反映されているのかもしれません。

彼女の弱点こそが、彼女をより深く理解し、応援したくなる要因となっているのです。

それでは、一緒に『完璧と思われる芦田愛菜の意外な弱点一覧』について見ていきましょう!

ぜひ最後までご覧ください。

スポンサーリンク
目次

芦田愛菜のプロフィール

芦田愛菜さんのプロフィールを簡単にご紹介

プロフィール

名前:芦田 愛菜(あしだ まな)
生年月日:2004年6月23日
出生地:兵庫県西宮市
血液型:A型
職業:女優、タレント、歌手、声優、ナレーター
事務所:ジョビィキッズ

2007年 3歳から芸能活動を開始

2009年 テレビドラマ「ABC家族レッスン ショートムービー2」で子役デビュー

2010年 テレビドラマ「Mother」で新人賞を多数受賞

2011年 NHK大河ドラマ「江〜姫たちの戦国〜」に出演

2011年 テレビドラマ「マルモのおきて」で鈴木福と共演。ドラマ主題歌「マル・マル・モリ・モリ!」を発売

2012年 「第54回ブルーリボン賞」を史上最年少で受賞し「第26回日本ボールドディスク大賞」で「ベスト5ニュー・アーティスト(邦楽)」と「ベスト5ソング・バイ・ダウンロード」を受賞

2017年 慶應義塾中等部に入学。学業を優先しながら、役者業を継続

2022年 「2022年CM起用社数ランキング」、及び「2022年CM放送回数ランキング」において1位

2023年 慶應義塾大学法学部政治学科へ進学

芦田愛菜の意外な弱点

芦田愛菜さんが抱える意外な弱点には、なんと「料理」「食レポ」「水泳」「朝起き」が挙げられます。

芦田愛菜の意外な弱点:料理が苦手?

芦田愛菜さん、実は料理が得意ではないことが分かりました。

最近のバラエティー番組「1億3000万人のSHOWチャンネル」では、ホイコーローを作ることに挑戦しました。

しかし、調理前にMCの櫻井翔さんから「料理するの?」と質問され、「いやぁ…お手伝いとか…全然頻繁にはできてないですね」と笑顔で答えていました。

さらに、「何を作ったことがある」と尋ねられると、「なんだろう…お味噌汁とか」と素直に話しています。

早速調理を始めるも、調理の手順に迷い、キャベツを洗ったまま水を十分に切らずにフライパンに入れてしまったり、強火で加熱されたフライパンに油を投入した瞬間に飛び跳ねる音に驚き、思わず悲鳴を上げる一幕が印象的でした。

豚肉を炒める際にもフライパンの火が強すぎて油が跳ね、砂糖を加える際に分量を量らず一気に入れてしまうなど、彼女の調理におけるアクシデントが次々と起こりました。

そしてできあがったホイコーローは味が濃く、焦げてしまった結果に。

こうしたエピソードは、芦田愛菜さんが未熟ながらも率直に料理に取り組む姿勢を見せてくれました。

彼女の素直な反応や笑顔が、視聴者に愛される理由の一端であることがよくわかります。

失敗を恐れず、挑戦し続ける姿勢が、彼女のファンにとって新たな魅力となることでしょう。

芦田愛菜が苦手と公言する食レポの理由

芦田愛菜さんが食レポが苦手だと公言していますが、果たして本当に苦手なのでしょうか?

彼女は自身で「実は食レポが苦手」と語っていますが、バラエティーやCMを観ていると、その苦手さがまるで感じられません。

一方で、彼女は「視聴者にうまく伝えられない」という悩みを抱えているそうです。

芦田愛菜さんは非常に頭が良く、年に300冊以上の本を読むなど本好きとしても知られています。

語彙力も高いことから、口で食べたものを表現することは得意なはずです。

視聴者にとっても、彼女の食レポは違和感なく受け入れられています。

実際、芦田愛菜さんが想像している食レポのレベルは非常に高いのではないでしょうか。

食レポは数をこなすことで上達するものであり、彼女もそれに慣れていないだけかもしれません。

悩んでいる今の段階でも、これから数をこなせば、すぐに上手になることでしょう。

意外!芦田愛菜の水泳に対する苦手意識

芦田愛菜さんの運動音痴ぶりは、驚くべきものです。

彼女は水泳がまったく泳げない「カナヅチ」レベルで、平泳ぎで泳ぐと後ろに進んでしまうとか。

また、球技も力の加減がわからないため、苦手だと話しています。

幼少期から芸能界に身を置いていたため、いつも忙しく運動などに費やす時間はなかったでしょう。

そのため、運動音痴というのも納得がいくところです。

しかし、興味深いのは、スズキ「スペーシア」のCMで見せた弓道やテニスの腕前です。

調べてみると、これらのスポーツは経験者ではなく、CMの撮影時における彼女の演技だということが分かりました。

その演技のクオリティは高く、完全に経験者に見えます。

やはり、芦田愛菜さんの女優としての力量が光っていますね。

中学時代の部活動はマンドリンクラブと科学研究会とのことで、運動とは縁遠い部活動でした。

一方で、幼少の頃の「マル・マル・モリ・モリ」ダンスでは元気に踊っていた姿が印象的です。

こうしたギャップが、彼女の魅力の一端を成しているのかもしれません。

要するに、芦田愛菜さんは運動全般に苦手意識を抱えていますが、その中にも彼女の持つ表現力や演技力が光る瞬間が散りばめられていますね。

スポンサーリンク

芦田愛菜が語る朝起きが苦手な理由

芦田愛菜さんが朝起きることに苦労している一方で、その姿勢が変わりつつあります。

以前、情報番組「グッド!モーニング」で自身の“弱点”について話された際、「目覚まし時計で起きるんですけど、でも起きられなくて、母に起こされてしまう日もあるので、頑張らないとなぁと思います」と語られています。

最近では、仕事の多忙さからか本を読む時間を十分に確保できない現状に悩んでいるようです。

しかし、その中で彼女が取り組もうとしているのが「朝活」。

具体的には、15分早く起きて絵画や美術の本を読み、知識を広げる取り組みを検討中です。

この一連のエピソードから見えてくるのは、芦田愛菜さんが自らの課題に向き合いつつ、新たな挑戦を迎えようとしている姿勢です。

芦田愛菜の意外な一面:不器用さとは?

芦田愛菜さんは、基本的に不器用な一面があります。

これは、料理だけでなく、道具を使うことにおいても当てはまります。

例えば、彼女が出演したバラエティー番組「サンドウイッチマンと芦田愛菜の博士ちゃん」では、紙を束ねるクリップをペンチを使用し、ハンガーの形に変形させる作業に挑戦しました。

しかし、ペンチの使い方が不慣れで、クリップをハンガーの形になかなか変えることができませんでした。

完成形は頭の中で描けるものの、それが実際の道具を使って形になるのは難しいようです。

ハンガーの形に仕上げたと思ったら微妙に違っていたというエピソードもありました。

このような一面から考えると、芦田愛菜さんは道具を使うことに苦手意識を感じているようです。

芦田愛菜の意外な弱点まとめ

芦田愛菜さん、完璧なイメージで知られていますが、実は彼女にも意外な弱点が存在することが明らかになり、これがSNS上で好感度アップに繋がっているようです。

これまでのイメージでは、芦田愛菜さんは何事もこなす完璧な存在として捉えられていましたが、実際には彼女もできないことや苦悩する瞬間があることが発覚しました。

SNS上では、その素直な一面に触れたファンからは共感の声が上がり、逆に彼女の人間味がより際立っているようです。

この出来事から、芦田愛菜さんが抱える弱点に対して理解と共感の目が向けられ、彼女のファンたちとの絆が深まっている印象です。

完璧なイメージだけでなく、人間らしい一面も知ることで、ますます彼女のファン層が拡大していくのではないでしょうか。

芦田愛菜の完璧さとその意外な弱点 まとめ

毎月何十冊もの本を読み、素晴らしい演技で注目を集め、慶應義塾大学に進学するなど、まさに多才ぶりを発揮している芦田愛菜さん。

テレビを通じて私たちが見る姿は、完璧そのものに思えることでしょう。

しかし、彼女にもやはり弱点が存在していました。

その一端は先月、彼女の近況を知る中で垣間見えました。

完璧主義者として知られる芦田さんが、自身の過ちや不安に向き合う姿勢を見せることは稀でした。

しかし、最近のインタビューで、彼女が抱えるプレッシャーや不安について率直に語った瞬間がありました。

このような弱点を抱えつつも、芦田さんは逆にその誠実な姿勢が新たな魅力となり、ファンたちに深い共感を呼び起こしています。

彼女の弱点が彼女自身の成長や進化の一翼を担っていることが分かり、ますます期待される存在となっています。

これからも彼女のキャリアがどのように展開していくのか、ますます注目が集まりますね。

今回は、『完璧と思われる芦田愛菜の意外な弱点一覧』について考察しました。

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次